石狩湾新港管理組合について 港湾管理者挨拶

img-administrator

港湾管理者挨拶

石狩湾新港は、日本海に臨む石狩湾沿岸のほぼ中央に位置し、北海道経済の中心地である札幌圏の海の玄関です。
昭和57年の第一船入港以来、取扱貨物量は着実に増加し、北海道の日本海側の国際物流拠点として、着実に発展を続けています。

また、東アジアとの間に定期コンテナ航路が就航し、エネルギー基地として拠点化が進むほか、本港を核として整備されてきた石狩湾新港地域には700社を超える企業が集積するなど、本道経済や道民生活を支える重要な社会基盤です。

近年、堅調な海外需要が見込まれる道産食品の輸出基地としての役割も期待されており、日本海側沿岸地域をはじめ国内外との経済交流拠点として発展できるよう、より利用しやすい港づくりを積極的に進めていきます。

このページに関するお問い合わせ先

石狩湾新港管理組合 総務部総務グループ 電話(0133)64-6661