港の紹介 立入制限、海浜地利用、放置等禁止区域

①港の立入制限区域について

石狩湾新港の下図に示す立入制限区域は、安全上の理由などから、関係者(港湾管理者、港湾荷役関係者、その他港湾管理者が認める者)以外の立ち入りを禁止しています。また、他者所有地には、所有者の許可なく立ち入りはできません。

港の立入制限について(詳細).pdf  ・石狩湾新港要覧(別ページ)※港湾区域や埠頭名が確認できます

制限区域等位置図(簡易版).pdf  ・制限区域等位置図(詳細版).pdf

②海浜地の利用について

近年、一部の利用者によるゴミのポイ捨てやバギーの危険走行など、マナーの悪さが目立ちます。実際に事故が発生しており、危険な状態となっています。

海浜地を利用される際は、各利用者がそれぞれマナーを守り、周囲の方に迷惑をかけないよう、ご協力をお願いします。

※悪質なマナー違反が続く場合は、安全確保のため、警察等と連携し対応していきます。

海浜地利用注意箇所図.pdf

【東地区海浜地について】

近年バギーの危険走行が散見されます。バギー関連の事故も起きており、他のレジャー利用者などからも危険走行に対する不安の声が上がっています。十分周囲の安全を確認した上で、マナーを守って利用してください。

また、飲酒をした状態での運転やお子様のみの運転は非常に危険ですので、絶対に行わないようにしてください。

【中央地区海浜地について】

マリンレジャーを目的とした場所ではないため、出入口として利用されている場所は、崩れやすく、大変危険です。車両での乗り入れはご遠慮ください。

【海浜地での遊泳について】

港湾区域内での遊泳は、急に水深が深くなったり、監視員がいないことなどから大変危険ですので、行わないでください。(過去に死亡事故も発生しています)

遊泳を楽しみたい方は、石狩湾新港以外の海水浴場開設区域で開設期間内にお楽しみください。

(近隣では、あそびーち石狩やおたるドリームビーチが海水浴場として開放されています)

③港内における放置等の行為を禁止する区域及び物件の指定

石狩湾新港では、放置等の行為を禁止する区域及び物件を指定しています。

港内における放置等の行為を禁止する区域及び物件の指定(トピックスへ移動します)

このページに関するお問い合わせ先

石狩湾新港管理組合 総務部管理グループ 電話(0133)64-6661